アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「希望」のブログ記事

みんなの「希望」ブログ


おもろい番組!

2009/02/21 11:19
超お勧め!!これからも期待しちゃう!!



その前に、

郵.政民営化凍結!!

郵.政資金の利用限定!
資金到達最終点が日本国内限定に!



農林中金の金の米への献上をどうにかして止めさせろ!!

各農協は農林中金への資金提供を止めろ!!

確実に責任問題になるぞ!!!



日本農業の資金崩壊を進める奴らは誰だ?

官僚のウィキペディアが少なくて困る。

各省庁の有志は遠くのネカフェからウィキ作ってよ♪










この土曜朝に「ウェークアップ!ぷらす」を少しだけ見た。
タクシー闇金関係
取材がすげぇ!!カメラの角度、被害者の証言、証拠品撮影、警察より完璧なんじゃないか???
また、スタジオで「規制緩和すればいいってもんじゃない、各個個別に精査して・・(みたいなことを)」「社会全体を上げなければ」等、タクシー業界のことから今の全体問題を見たとこまで言及。

まー、バランス完璧(私的に)!!!

毎週見たいと思う。
素晴らしすぎだわ!!



ちょっと畑違いかなーー、
でも、ウェークアップに@「農林中金−農林省−暗殺(過去の)」をじっくり取材してほしい!!
同時に、当然「農林中金事件の双子」であるA郵・政をも取材を!!
暗殺に気をつけてね♪



あと、Bこれ↓もどうなのか、調べて報道してほしいな〜♪

!!!必見!!!

http://urara225.iza.ne.jp/blog/entry/917041/

>中国からの要求はシンプルで、

1)日本海における資源権益を放棄すること。

2)日本南洋の領海・経済水域の全てを破棄すること。

3)「エネルギー安全保障」と「軍事的安全保障」の二者選択をせよ。

これに北朝・南韓・ロシアも付随し、オブザーバーのカナダも調停を諦める程でした。

正に日本は絶体絶命、崖っぷち後一歩。
(さて!どうなるか?!?!   続きはhttp://urara225.iza.ne.jp/blog/entry/917041/で!!)



日本のジャーナリズムは大阪に残っていた!?!のか?

日本経済再生に遷都!と思ってたが、農水省と国交相と外務省は大阪に移していいんじゃないか?
しっかり監視(いじって、つっついて、ぼろをださせてもらいたいもんだ)してもらいたいもんだねぇ!

橋下知事も国の押し付け等に戦ってるし、特に利権や天下り機関に対して頑張ってるしねぇ。
そこんとこもウェークアップと橋下氏が連携して何かうまいことできないもんかね?




ご協力のお願い!

大変申し訳ございません!!是非ともひとつご協力お願い申し上げます!!

悪法「改正」のために「弾劾訴追請求」をhttp://ram-at-yahoo.iza.ne.jp/blog/entry/817841/




政界再編!きぼんぬ!

「日本主義者グループ」
(ジャパ二スト?)

「国際派wグループ」
に!!





良く考えたら、一生ノンポリで行こうとおもってたけど、わたしゃばりばりのじゃぱにすとじゃんwwww




【日本の意地】平沼赳夫氏の正論【日本の維持】
http://unimaro.iza.ne.jp/blog/entry/755939/





世界をまっとうにできる道は、世界に日本流(昔の日本)をいきわたらせることのみ。
我々から、「父祖に恥ずかしくない日本人」になることに努力しましょう。






最近エントリ少なくてごめんなさい!
落ち着くまであとどのくらいかかることかw
落ち着いたらまた増えると思います。どうか御容赦ください!!
貧乏暇なし!昔の人の言うことは当たってるねぇ♪







なかのひと
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


【危険は『いきなり議決』】敵はまた誤魔化しに入った!【騙されるな!】

2008/11/28 01:42
騙されるなと言っても騙され、「私は騙されてなんかいない!」つーのが、我々だからなぁ、、、OTL

まぁ、半分くらいは反省を知ってるからまだましか、それでも世界の中では断トツまともなんだよなー、、、そんな世界の中にいる日本って、、、、OTL、、、




さて、

皆様のご活躍で敵はいったん「引いたかのように見せて体制の立て直し」に入りました。

危険と思えるのが、今会期中の議会(休憩中も含む)で、『いきなり議決!』

12月初頭に前触れ無に、『いきなり議決!』

反対議員の集会があるときに、ひそかに国会召集して『いきなり議決!』

などですね。
「今会期は無いと言ったから、まさか今会期に、、」「まさか、今はないだろう、、、」「さかかこんな時に、、、」
の、「まさか」が奴らにとっての一番のチャンスな時。
しかも彼らの「嘘」の概念と、我々まともなものたちの「嘘」の概念は違うしw
それくらいは分かりますよね!

極端にいえば、
大地震が起こったとき、対馬にテロが起こって「首相と議員団が調査に行く」とかいうとき、
なんか各議員が地元の後援会と深刻に話をしなければならない状況になったとき、
とか。


なんにしても常に危険なのです。奴らはもう後がないですね。このまま法案通せずに衆院選やったら、落選以外ありません。
なったって地方議員が反対です。地方議員だって、無所属でもいいから当選したい。
地方議員は自民公認や民主公認で落選するのと、無所属で当選するのとどちらがいいのかくらいは知っています。あいにく地方議会には比例区はないのでw


ちょっと逆から考えてみましょう。
では、何が奴ら「反逆者たち」にとって、都合が悪いのでしょうか?
今、反逆者に加担している議員は「選挙」を握られているわけですね?

その選挙の票を固めてくれる地元地方議員は、国籍法改正案に反対だ。
では、その「地方議員の団体」つまり各党の県連、はただ単に中央の指示に従う奴隷なようなもの?
つまり支那の共産党北京の指示に従う以外無い地方と一緒?

力を持っているのは逆なんだよなー、ほんとは。
市議会議員、県議会議員が、その地元の人間の顔をしっており、人間的な関係があり信頼関係もある。「実際に票田を持っている人」ですよね。
また、同時に「責任を取らなくてはならない人」でもあります。われわれ地元民に一番近い人ですからね。

県連に所属する議員は、一度自分たちの強さをもっと見直したらいいと思う。
各政党(除くカルト)の県連の意見が、中央に反映されているとはとても思えない。
反映されてたら、なんだっけ、一人12000円くれるって金、あの分配も面倒な部分だけ地方に押し付けたわけだろ?だったら最初から県(人口)ごとに予算くれて、最善の方法を県議会で考えて分配してね!とかの方がいいんじゃないの?地方にとってはさ。

農政だってそうだろ?地方の農家の顔を知っており、実態を知っているのは、そしてその地域を全体として見られるのは県議会だろ?国に何がわかる?勝手に好き勝手なことやらせているのが各党中央だろ?

上から下に命令行くだけじゃないか?
「民主主義」だねぇwwwwwwwwwwwwwwww

さっぱり知らないんだけど、なぜ県連が中央の無理に逆らえないの?
特に千葉なんか、県職員のトップを国から呼んでるよ?もう千葉県は実質国の官僚の支配下だね。堂本のばばぁ(知事)が独断で勝手に毎年増やしている。
県知事が国奴隷で売国奴(じぇんだー派、外資派)だから、そんなのの擁立を許した県連が情けない。「売県行為」だね。県民に知られたらどうするよ?


各党の地方が、他の地方と連絡を取り合い、中央に対抗し、中央を動かす。県議会議員は国会議員より強いことを知るべき。(ただ、あまりにも地方は厳しいので3−4県が連合すれば中央も無視できなくなる)

他の「まとも」に思える議員が多い党とはコミュニケーションを密にする。県連ごとの連立だって勝手にやっていいと思う(やっているのかな?)。国会と県議会は全く違うでしょう?いつだって問題が出たらあおりを食うのが現場だ、雲の上には被害は及ばない。

県連どうしの連絡会議を密かに定期的に行うのもよいね!。

また、県議が他党県議たちとコミュニケーションをうまくとっていれば、皆そうそう無茶できなくなる。しかも選挙の時はうまくやれる。特に「対国会(議員)」「対党中央」の場合、力を大いに発揮できる。

県連内議員同士も、全員がお互いにコミュニケーションを密にすべき。派閥とかがあったとしても、それにかかわらずコミュニケーションをとることは良いこと。何も知らないで勝手に思い込んで対立するより、理解し合っての対立の方はよほど生産的であり、また他から利用される危険が激減する。「敵だけど信用できる」「味方だけど信用できない」とか、おなじ議会内の議員を知ってる?全部知ってたらOKですね。

「悪いことはすべて党中央のせいにせよ!」。
まぁ、ほとんどあたりでしょうが、そうでないことも党中央のせいにしてしまいましょう!「我々県議がこれほど頑張っているのに、党中央が全く動かない!」「嫌がらせしてきている!!次回の国会議員の選挙は考えなければいけない!」等、県連、県民がまとまるように持って行ける。
道州制とか国にかってにやられて、さらに地方の権利を国側に利用される(どう見ても見えている)くらいなら、今各県が、隣接県とコミュニケーションを密にすべき。議会だけではなく、そこから思いつくものできるもの、すべて近隣県と交流を深めるのが「力」と「安全」のもとになる。


ど素人の愚考ですが、このくらいは思いつきますし、疑問もでました。
本来は地方の方が力を持っているのですが、騙されているようにもみえます。
地方が力をつければ、国は海外にガンガン金を流すことも難しくなり、それと比例して国内は安定に向かいます。

前回のエントリにあるコピペ元の議員さんブログを元ネタですが、
よくよく考えると、「なぜ地方が弱くしてなきゃいけないの?」でしたね!

口先で負けるからいけない!

本当の力は地方にある。
「次回の選挙まで、覚えてろよ!!」
こんなセリフをがんがん中央に吐いてほしい!



よって!

敵は2日くらいわれわれに与えてくれました!
各県議会議員にご連絡のご協力をお願いいたいします!!






参議院議員等、メール、電話、FAX先
http://www19.atwiki.jp/kokuseki/pages/14.html (法務委員会等)
http://www.jca.apc.org/silvernet/giin_all.html (現職国会議員名簿HP,mailリンク)

地方議員のサイトを調べる方は
http://gikai.fc2web.com/ (全国議員サイト)
↑ここは非常に使い易いです!首都圏の県でもあっという間に終わります!
http://www.ndl.go.jp/horei_jp/Countries/Japan/Japan_gikai_local.htm(全県議会)





<<ぜひ見ていただきたい関連>>
違憲判決から見る国籍法改悪の問題点5
http://iza0606.iza.ne.jp/blog/entry/807135
公明党の国籍法改悪
http://iza0606.iza.ne.jp/blog/entry/809706

パンドラの箱を開けた麻生 売国奴たちに勝てるか?
http://ayarin.iza.ne.jp/blog/entry/808672
田中角栄倒れる・・・日本の転換点
http://ayarin.iza.ne.jp/blog/entry/808796/

あるべき報道。友好とは何か?を考える
http://nari1967.iza.ne.jp/blog/entry/809194
枯れ木の林が燃える時。自分たちの国は街は誰が守る?
http://nari1967.iza.ne.jp/blog/entry/810823/





あれ?

たとえばさ、良い新党ができて、自民・民主のまともな国会・地方議会議員がそこそこ流れ込むようになったら、「県連ごと」行っちゃうとかもあるんじゃないのwww

やばいかねぇ?、民主とか自民とか民主とか自民とか民主とか自民とか民主とか自民とかは、、












公明に光明差さず? 早期解散戦略崩れ「こんなはずじゃなかった」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/198915/TrackBack/

おおうそ!!
「国籍法改正」を決めたらとっとと解散させるつもりだったんだろ?
産経がどうしてここまで創価に与しているのか?
以前のエントリにある通り、
似非保守(支那派、朝鮮韓国派、米派)とカルト(創価)のすべてが組んだから。

非常に強大な「国家反逆組織」になってきた。






郵貯の米横流しの相談ですか、、そりゃ聞かせられないですね。
でもマスコミも君たちの仲間なんだけど?

自民の郵政民営化見直しPT始動
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/199187/
>議論が外部に漏れないよう会議室前から記者団を排除する神経質な対応をみせた。






なかのひと
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【深く静かに】文民クーデター【進行させるはずだったが、、】

2008/11/24 02:07
皆様日夜日本のためにありがとうございます。

国籍法の件でメールさせていただきました。
国籍法改正の実態が以下のようなことだと判明いたしましたのでご連絡させていただきました。

http://nari1967.iza.ne.jp/blog/entry/805886/
(抜粋)
妊婦の場合、子供が成人するまで20年掛かります。
しかし出産後の認知の場合、20未満の子供なら誰でも認知できるので、
19歳11ヶ月の子供も認知すれば日本国籍を得て、1ヵ月後には選挙権が得られるのです。

たぶん筋書きはこうです。
衆院選、参院選でこっそり出産後認知を認める法案を通す
(もちろんDNA鑑定なし、1人の男性が何人でも認知可能のザル法で)→法律制定→
一斉に、中国人1億2千万人に国籍付与(19歳11ヵ月と偽って!)→1ヵ月後、日本乗っ取り完成!

1億2千万人以上の中国人に一斉に選挙権を付与してしまえば、それで日本が乗っ取れてしまう。
彼らが選挙に参加すれば衆院選で圧倒的多数で与党が取られてしまうからです。
彼らはゆっくり何十年も掛けて日本を乗っ取るつもりなんて無かったんです。
5年以内に片をつけるつもりだった。しかも一発のミサイルも砲弾も撃つことなく、内部から乗っ取るつもりだったんです。

そしてもう一つが二重国籍です。

たぶんこれを画策した人間は二重国籍も同時に通すつもりだったと思います。
二重国籍があれば中国にいながらにして日本を乗っ取れた。
日本に入国する必要さえなかったんです。
二重国籍が無くても中国にいながら在外選挙権を行使しても良かったでしょうが、
あればなお良い、と言うところでしょうか。
(ここまで一部)

よろしければURL先をご覧ください。
http://nari1967.iza.ne.jp/blog/entry/805886/

ほとんどの方々が、話がすごすぎて信じることが難しいようです。
が、日常的でないことは誰も信じがたいし、ましてや大問題になることです。誰が信じたいものでしょうか?
しかし、亡国などは「信じがたいこと」から始まるのは当然だと思います。


まさに「国家反逆罪」でしょう。日本で言うところの外観誘致罪ですね。
これを外患誘致罪としなければ、何を外患誘致と規定するのでしょうか?
これを遂行した者たちを外患誘致としなければ、誰が何を行っても決して外患誘致罪は適用されないでしょう。
護国の法律は決して使われることなく、亡国の法律は、どんどん作られる。
なんと素晴らしい国民に恵まれた幸せな国家でしょうか。

27日に成立する予定と聞いております。
中身をどんなに変えようが、肝心の婚姻要件を外すのです。国家とのかかわりと一切関係ない「生物学的な個体要因」だけにより、しかし個人の責務(養育)を排した、非常におかしなものなのに、「全く日本国自体には関係のない日本人の血があるということだけ」で国籍を与える。(つまり外国の日系人全員に与えるのと一緒)しかも、当該国の国籍を排したという証拠はないのに与える。重国籍になったままで元国籍を返上した確認もとれない。これでは「二重国籍を認めない」としても、実質認めることになる。
どのように考えても、どのように変更しても、今回の国籍法改正は国家の存亡を危機に陥れるものになることには変わりません。

先生は日本のために反対なさるのでしょうか?
それともそれ以外なのでしょうか?

よろしければ日本のために反対をお願い申し上げます。

匿名で失礼ですが、全議員さんに送っていますので中には悪質な方もおられます。
一般人の私には匿名という手だけしか身を守る手立てがないことをご理解お願いいたします。
                         うにまろ 拝  unimaro1@hotmail.co.jp




日本=中華“倭族”自治区への転落【再掲@】
http://tafu.iza.ne.jp/blog/entry/801305


日本=中華“倭族”自治区への転落【再掲A】
http://tafu.iza.ne.jp/blog/entry/801349


(上から抜粋)

この「第3次出入国管理基本計画」の基本構想は少子化による人口減少化の中で、現状の日本経済の繁栄を持続させる視点から構築されているが、法務省内でこれら外国人政策に影響力を持っていたのが 坂中英徳・前東京入国管理局長(平成17年退官。現在、外国人政策研究所・所長)である。

坂中氏は在任中、所謂『坂中論文』での在日韓国・朝鮮人の法的地位の安定の提唱が有名で、氏の論旨は「日本社会を多民族共生社会に改造する」ことに重点が置かれている。

また今世紀前半中の在日韓国・朝鮮人自然消滅論を唱えているが、「このような事態は在日の人たちの利益に反するのみならず、日本にとっても大きな損失です」という認識を持っている(※3)。

(※3)多民族共生人権教育センター 設立記念講演(2001年2月)
http://www.taminzoku.com/news/kouen/kou0102_sakanaka.html
NPO法人・多民族共生人権教育センター(理事長・李美葉氏)は在日朝鮮人を中心とする団体。

この坂中氏が推進してきた外国人政策が、いかに在日中国人にとって都合の良いものであったかは、氏自身の言行と中国人らの言動により明らかである。

氏の代表的著書『外国人に夢を与える社会を作る』(※4)は在日中国人、いわゆる“新華人”に平等な就業の機会と社会的地位を与え、中国と日本の発展に貢献させるというものである。

(※4)坂中英徳著『外国人に夢を与える社会を作る・縮小してゆく日本の外国人政策』日本僑報社、2004年。日本僑報社は在日中国人設立の出版社である。

また平成17年10月27日、『在日中国人は友好の架け橋』と題して、国際交流基金主催の講演会を行っている(※5)。

(※5)坂中英徳氏講演会(国際交流基金)
http://www.jpf.go.jp/j/culture_j/news/0510/10-02.html

さらに7月18日、氏は『日本の外国人政策と在日中国人の活躍』と題する講演を行うが、主催の日中交流研究所は在日中国人が運営する団体である(※6)。

(※6)「日本の外国人政策と在日中国人の活躍」講演案内
(日中交流研究所)http://duan.exblog.jp/5746197/

●また、前述の法相発言に早速飛びついたチャイナ・メディアがある。筆者がたびたび記事を批判している華人系大手週刊誌『亞洲週刊』がそれである。

同誌東京支局長・毛峰氏の署名記事『日本開放移民衝破鎖國桎梏』(※7)における坂中氏への単独インタビューで、氏は前述の持論を繰り返し述べており、記事の最後は「日本應當建設一個給在日外國人希望的社會」(日本は在日外国人の望む社会を建設しなければならない)と結んでいる。

(※7)『亞洲週刊』7月15日号(第21巻・第27期)
『日本開放移民衝破鎖國桎梏』

坂中氏らの進める日本社会改造が、如何にシナ人にとって好都合なものであるかがよく判る。
(筆者註: この恐るべき記事にご興味のある方がおられましたら、コピーを差し上げます)

この坂中氏の思想と言動の問題点は、私見だが下記のようになろうか。

@ロボット工学など科学技術の進歩を無視しているため、人口を維持・増加しなければ経済発展が持続しないと考えている事。

A在日外国人が忠誠を誓う対象について、全く無視している事。

Bシナ人の人口膨張圧力についても無視。

C在日外国人が同化せず、特にシナ人のように排他的コミュニティーを形成する点も無視。

D日本社会の伝統が崩壊してゆく事に対しても重要視していない。つまり、自国民を犠牲にして恥じない姿勢。


現在、ネット上では民主党の売国政策、特に「定住外国人の地方参政権などを早期に実現する」政策と「民主党沖縄ビジョン」、また『Voice』平成15年9月号に掲載された民主党議員6名による記事、『1000万人移民受け入れ構想』(※8)が取り上げられている。

(※8)この民主党議員6名は以下のとおり。
浅尾慶一郎(参・神奈川)、大塚耕平(参・愛知)、細野豪志(衆・静岡5区)、古川元久(衆・愛知2区)、松井孝治(参・京都)、松本剛明(衆・兵庫11区)の各氏。

これらは唐突に出てきた物ではなく、坂中氏ら法務省の「日本社会を多民族共生社会に改造する」意図をもった官僚らによる下支えがあればこそ、出現した政策なのである。当然これは公明党や左翼政党にとっても好都合である。

そして目障りな日本を無力化し、中華世界の中に取込もうと画策するシナにとっても、歓迎すべきことなのである。












さいど、今回のおさらいを挙げます。

衆院選、参院選でこっそり出産後認知を認める法案を通す
(もちろんDNA鑑定なし、1人の男性が何人でも認知可能のザル法で)→法律制定→
一斉に、中国人1億2千万人に国籍付与(19歳11ヵ月と偽って!)→1ヵ月後、日本乗っ取り完成!


少し足りませんね。

“現行国籍法が違憲であるとの判決を出す” →国籍法改正しなければならない状態になる

が加わります。

現行国籍法が違憲であるとの判決を出す
→国籍法改正しなければならない状態になる
→衆院選、参院選でこっそり出産後認知を認める法案を通す
→法律制定
→一斉に、中国人1億2千万人に国籍付与(19歳11ヵ月と偽って!)
→1ヵ月後、日本乗っ取り完成!


時間的なものは大したことはないと思います。
日本国籍を付与した支那人鮮人がどれだけいるか「発表しない」でいればいいだけですから。
発表したときはもう遅い。政権は奪われ、法務省は責められることはない。
しかし、
この文民クーデターの日本側の犯人たちが見落としたところがある。
自意識過剰な奴らが、いつの時代でも、どこの場所でも、まったく同じことをしている。
それは
「自分たちは駆逐されることはない」
と、全く何も保障もないのに信じ切っていることだ。

南ベトナムでベトミンがベトコンに駆逐されたそうだ。
北側はそんなこと言っていないが、ベトミン残党の証言の記録の訳文を見たことがある。「なるほどなぁ、」と感心したものだ。
敵を分裂させる、というのはそこまでやらねばならないのだと。
つまり、いくら寝返って自分たちについたとしても、禍根を残す可能性がある。抹殺しておいた方が無難だ。ということであり、また、内部に対しても「裏切りはうまくいったとしても、必ず返ってくるものだ」と、教訓(脅迫)にもなる。

まぁ、「裏切るやつ」は、「また裏切る」と思われても仕方がないのだ。しかも裏切るやつは裏切るやつらと組みたがるのが不思議だがw
(特に今回の内容を知らされていない国会議員は彼らにとっては捨て駒でしかないことを自覚すべきだ。)



法務省、創価、支那、南朝鮮(当然北のスパイも入っているだろう)、そして、米

先の厚生官僚連続暗殺事件を「証拠隠滅(別件)+目くらまし(国籍法)」にしたことを見ても、

それらが絡み合っての今回の「国籍法改正案」という、国会に提出しただけでももう「外観誘致罪」に値する法律を、恐れもしないで推進している者達の強力さが理解できる。

彼らが怖いのは「自衛隊」だけだ。

そのために、その力をそぐために延々と頑張ってきたのだ。

「俺が言えば1000人は下らないだろう」

そういった、国防の中心になりうる人間たちを排除し、暗殺し(徳島自衛官、宇佐美空佐等)、力を弱めてきたのだ。防衛大学学長に支那スパイを据え、工作に励んだのだ。

確かにそうだ。

今、この時点で「国家反逆罪(外観誘致罪)」を適用し、逮捕しないのであれば、警察も「反逆者の共犯」と見なければならない。司法、立法、行政が全て反逆者によって制圧されているとみるのが当たり前だろう。

この時点で軍が動いても、他の国であったのであれば、そう問題にはならないと思える。
制圧後に、すべてを公表し、その行為が正当であったということを国内に広く理解させられれば。(海外なんか関係ない。自国の利益のみのために他国をつぶす輩たちしかいないからだ)


しかし、まだ我々国民が動ける。
我々が動けるうちは、他に頼るのは「青少年の教育に良くない」。
我々が頑張って、どうしようもなくなってから、正義の味方が痺れを切らして登場してくれるのが最も説得力があるのだ。内に対しても外に対しても。
(怖いのが「内」。まだ国民に余力があるのに軍が出てきたら、後々悪いことはすべて軍に押し付けるに決まっている。これは「絶対に決まっている」だ。だから、軍はほんとにしびれが切れるまで待つべきだ。もし国民がそこまで動かず、亡国するならば、軍もあきらめ「こんなに愚劣な民族になってしまったら滅びた方が潔い」と思うがよい)

しかも、どれだけ頑張れるかわからんが、ぎりぎりのぎりぎりになればなるほど、「敵」がよく見えるようになる。

中途半端にしては「獅子身中の虫」を体内に残すことになる。
「民主主義」はえらく危険な体制だ。メンテナンスをよくしていないから今の事態を招いたが、ここで「大掃除」ができれば、復活ができるかもしれない。

もっとも、私自身は日本人には「民主主義」なんて幼稚で遅れたものは似合わないと思っているが。(言っとくが、赤ではないっすw)









参議院議員等、メール、電話、FAX先はこちらに!http://www19.atwiki.jp/kokuseki/pages/14.html (法務委員会等)
http://www.jca.apc.org/silvernet/giin_all.html (現職国会議員名簿HP等HR有)



集会の情報等はこちらに

http://nari1967.iza.ne.jp/blog/entry/805886
http://nari1967.iza.ne.jp/blog/entry/807139





【日本の意地】 平沼赳夫氏の正論【日本の維持】
http://unimaro.iza.ne.jp/blog/entry/755939/






なかのひと
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


まさに国家反逆法案だった!!!

2008/11/22 23:29
お疲れ様です!


http://nari1967.iza.ne.jp/blog/entry/805886/
(抜粋)
妊婦による胎児認知と出産後の認知で明らかに一つだけ違うことがあるのです。
それは選挙権です。彼らの目的は最初から選挙権を得ることだったのです。

妊婦の場合、子供が成人するまで20年掛かります。
しかし出産後の認知の場合、20未満の子供なら誰でも認知できるので、
19歳11ヶ月の子供も認知すれば日本国籍を得て、1ヵ月後には選挙権が得られるのです。

たぶん筋書きはこうです。
衆院選、参院選でこっそり出産後認知を認める法案を通す
(もちろんDNA鑑定なし、1人の男性が何人でも認知可能のザル法で)→法律制定→
一斉に、中国人1億2千万人に国籍付与(19歳11ヵ月と偽って!)→1ヵ月後、日本乗っ取り完成!

1億2千万人以上の中国人に一斉に選挙権を付与してしまえば、それで日本が乗っ取れてしまう。
彼らが選挙に参加すれば衆院選で圧倒的多数で与党が取られてしまうからです。
彼らはゆっくり何十年も掛けて日本を乗っ取るつもりなんて無かったんです。 5年以内に片をつけるつもりだった。しかも一発のミサイルも砲弾も撃つことなく、内部から乗っ取るつもりだったんです。

そしてもう一つが二重国籍です。

たぶんこれを画策した人間は二重国籍も同時に通すつもりだったと思います。
二重国籍があれば中国にいながらにして日本を乗っ取れた。
日本に入国する必要さえなかったんです。

二重国籍が無くても中国にいながら在外選挙権を行使しても良かったでしょうが、
あればなお良い、と言うところでしょうか。
(ここまで一部)

よろしければURL先をご覧ください。
http://nari1967.iza.ne.jp/blog/entry/805886/


まさに「国家反逆罪」です。





参議院議員等、メール、電話、FAX先はこちらに!http://www19.atwiki.jp/kokuseki/pages/14.html (法務委員会等)
http://www.jca.apc.org/silvernet/giin_all.html (現職国会議員名簿HP等HR有)

「ふざけんな!」
だけでも、
「賛成ですか?次回の選挙の参考にします!」
でも何でも結構です!よろしくお願いいたします!!



首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
各府省への政策に関する意見・要望
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
自民党に物申す!
http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/meyasu-entry.cgi
民主党・ご意見フォーム
http://www.dpj.or.jp/header/form/contact.html



(関連エントリ)
【参議院議員名簿】違憲ではない!嘘判決【反逆三府】
http://unimaro.iza.ne.jp/blog/entry/805245/
(抜粋)
【違憲判決から見る国籍法改悪の問題点1 】
http://iza0606.iza.ne.jp/blog/entry/804830/allcmt/#C871365


【国籍法の戦い−改】
http://unimaro.iza.ne.jp/blog/entry/803952/
(抜粋)
違憲でないものに違憲判決を出し、それを理由に速攻で売国法案を作り、選挙妨害をすると脅して即時国会で賛成多数にさせ、
しかも、ほとんどの議員には内容を知らせていない。

この法律を悪用することは非常に容易である。自転車泥棒より容易で安全にできる。しかも罰則は無いのと同様。

一般国民の中にも彼らの手の者はおり、「そんなに心配することはない。日本人には理性がある」と、この場だけをごまかせればよいから。
法案だけを成立させるためには何をしてもよいのだ、彼らにとっては。
更に、
たとえば視線を他に向けるために、注目される犯罪を犯すとか。
しかも警察は犯人を捕まえ何のだから安全だ。

以下、過去エントリ「国籍法の戦い」から
(ここまで抜粋)






【日本の意地】 平沼赳夫氏の正論【日本の維持】
http://unimaro.iza.ne.jp/blog/entry/755939/






なかのひと
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


現状改良は良いことですね。同時に根本問題もよろしく!

2008/10/21 20:00
農薬散布の改良も良いっす!が、根本は、

「今の農薬が化学薬品で大なり小なり危険なことには変わりない」

ということをどうにかしてほしいと思います。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/188655/
食の安全・環境配慮の装置開発 農薬“ピンポイント”で散布



当然農薬製造各社さんや、大学の農学部やバイオ関係で「ケミカルではない農薬」を研究されていることとおもいます。



今の民間用のカビ予防や汚水浄化に納豆菌が使われたりしてますよね?

あーいう感じで開発途中だとは思いますが、

できればこの際だから政府も力を入れてほしいと思います。



うまくいけば日本の産業の中でもかなり固い産業になるのでは?

世界中に広まるでしょうし、バイオ系だと基本的には材料無限でしょう?



安く安全な農薬で、全く無害で健康的な農産物、ついでに健康な農地もできる。

健康な農地はより健康な農産物を育て、それはより病気や害虫被害に強いものとなります。



悪いことなし!!!



各農薬会社さんや、食品会社研究部もっているとことか、大学の研究室さん、政府系の研究所さん等、がんばって早期開発どうかお願いします!!




【移民反対】 署名のお願い!! 【根本を考えよう】

よろしかったらご協力お願いいたします!!
http://www.shomei.tv/project-59.html
↑ (ここで署名できます)





なかのひと
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


久々の日記。というか、「日記」ははじめて書く?

2007/09/16 22:22

今日は近くの駐車場で会社のピックアップのオイル交換をした。曇天だけど降りそうもなさそうだった。
が、ドレンボルト(ドレンも分割変換しねければいけないIMEって?)をはずすと土砂降りに。
いつもは最後の一滴まで搾り取るようにじっくり時間をかけるが、今日は30分wwで終わり。
オイルが3割くらい減ってたwこれじゃかかりがわるいはず。車君にかわいそうなことをしていた。
(交換に出してもいいが、何のオイル入れられかたわからんからなー。料金だけいっちょまえの4500円程度かな。日本でディゼルオイル交換(最低レベル)でいくらだろ?

で、家の横で洗車。雨が降っているからちょうどいいから。徐々に雨も止んできた。ボンネット周りだけコートする。乾かしているときにまた小雨。ふき取る前に雨って、どうすればいいのだろうか?などと悩みつつ。社内掃除をしているうちにあがった。軽く表面の水をふき取ると乾いたので、ワックスをすぐにふき取る。問題梨だったのでOKちゃん。ちなみに水垢落とし洗剤もコート剤も日本からのw。こっちの使うくらいなら台所用洗剤のほうが良く落ちたw。

子供の風邪がよくなったからお買い物に連れて行く。テスコ・ロータスという英系のスーパー。従業員はどうしょうもない。働く気が無けりゃ、やめればいいのに。あげく客に嫌がらせするし。「名前控えろ、英の本部にメールするから」。「前掛けで名札を隠している」敵もやるものである。
キャッシャーも「ありがとう」の「あ」も無い。他の米国系?のトップスはレジうち中、あと最後の一個というとこで他の従業員がからかいに来て二人できゃっきゃやり始めてお仕事ストップ。5分もなかったけどねw。うちの近所のジャスコはほとんどの従業員が形だけでもワイするかこっぷんかーと言う。話をしてても手は動いていることが多い。日系だけだね、まともなのは。しごとはいい加減だけどねー。

何を食ったのか、雨で腹が冷えたのか、、、
トイレでいつも思うのは、なにが便器にくっつく。洋式だが、小さいのだ。日本人の平均サイズは米人とおなじ13cm。収納時は日本人のほうが小さいはず。たいして大きくはないはずなのだが、くっつく。タイ人のはそうとう小さいのか?ちなみに韓国は最大平均で9cmww。私の若いころの最大の半分以下www川磯過ぎるww、まぁどうでもいいがw。

外で屋台で食事したが、「これって私が日本でうったらうれるでしょう?」嫁が食べている焼き豚ごはん。一瞬売れる!と思ったが、良く考えよう。日本だぞ?これを?。確かにこっちでこれを食べるとうまい。が他がまずいからじゃないのか、、、だよなー。日本はもっとうまいものが多いし、値段が安けりゃ売れるというタイや中国とは違うシナ。「んー、どうだろ、あまり日本人はすきじゃないんじゃないか?」にとめておいた。

台所。
こっちの和菓子みたいなものの容器を使うから洗って、食器を置く場所においておいた。
で、
なぜ捨てる?
なぜ洗ったのか?なぜ食器を置く場所に置いておいたのか?わからないのか?
、、、、わかったらタイ人やってないか、、、
そうだよな、わかってくれたら、もっと楽だよわたしゃ、、

通り
子供を抱いて横断しようと、
ちょうど切れ間にタクシーが一台だけ、「早く行け!」
なぜこっちに向かってくる、突っ込んでくる?
いや、横断なんだけど、まったく呼んでもないし、目線もあわしてないし、見ても居ないぞ?
めのまえでのろのろするな!あー、ほら次の集団来ちゃったー。
通りをわたるのも苦労する。↑はデフォです。ほぼ必ず!!

薬びん
「***(私のみよじ)!薬を飲ませるから蓋あけろ!」なぜ怒る?
「蓋が開かないのは俺のセじゃねー!俺に怒るな!俺は関係ない!」犬にしつけるようにびしっといえるようになったのは、ごく最近ww
部屋に入って、いつものところに無い。「どこだ?薬が無いじゃないか!」「、ここ、」(OK、効き目あり。ここでかわいそうとか許したら元の木阿弥)そのまんまぷんすかと自分の部屋(オフィス)に戻る。

まだまだありけり
でも今日はここまで。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


世界の文明・民度から、最低見積もりでも26年以上先に進んでいる日本。 絶対お勧め、読んでね♪!

2007/09/11 18:29


(以下2chから)
209 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 23:28:29 ID:???
日本の夢、ベルサイユに散る フルカバーバージョン ー(0)− 

海外の反日宣伝活動に英文動画で対応するスレ:2@YouTube
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1179682022/l50
↑このスレから来ました >>847〜870 英語版動画を作成したいので英訳お願いします。

人種の平等と世界平和,公正な世界を目指した日本
http://jp.youtube.com/watch?v=L7KN5h8YHrE
上のビデオクリップにイントロとエピローグを追加し英語字幕化

以下の英訳お願いします。

動画の説明
1919年フランス、第一次大戦後に行われた講和会議で、人類史上初めての大規模な平和維持機構、国際連盟が討議される。
日本全権の牧野は、人種差別 の撤廃項目をうたおうとするが、大国の利害のぶつかり合いの中で否決される。
20世紀の人種差別 撤廃運動の先駆けとなった牧野・日本の苦闘の記録である。 (英訳)
210 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 23:29:44 ID:???
日本の人種差別廃止提案 (世界に発信、英文字版)合計10分 前振り(導入部) 35秒
 日本の夢、ベルサイユに散る フルカバーバージョン ー(1)− 
タイトル:日本の夢、ベルサイユに散る  (英訳) 
@(10秒) (00:00) 人類初の大規模な平和維持機構 国際連盟設立に当たり 
      (00:04) 日本は、世界で初めて人種の平等を提議・全世界に向け提案した。
     英字幕、
     画 像、 
     (00:00) http://0bbs.jp/pinponpan/img54_1
     (00:04) http://0bbs.jp/pinponpan/img53_1
     (00:07) http://0bbs.jp/pinponpan/img51_1
A(8秒) (00:10)世界の差別に苦しむ人々の期待と支持を受けた日本の画期的提案、
      (00:14)新たに設立される国際連盟 その規約に人種差別を止める事を盛り込もうと言うのです。
     英字幕、
     画 像、 
     (00:10) http://0bbs.jp/pinponpan/img50_1
     (00:14) http://0bbs.jp/pinponpan/img49_1
B(8秒) (00:18) 「世界の人々はすべて平等であるべきだ」と言う理念を高らかに謳い上げたこの提案は
     (00:22) 人種差別に苦しんでいた国々から圧倒的支持を得ます。
     英字幕、
     画 像、 
     (00:18) http://0bbs.jp/pinponpan/img47_1
     (00:22) http://0bbs.jp/pinponpan/img46_1
C(9秒) (00:26) 一方、イギリスをはじめとする超大国は、自分の国の利権が侵されるとして猛反対し
           全力を挙げて日本案を押しつぶそうとします。
     (00:30) 人種平等の理想は、果たして実現なるのか ・・・  
     英字幕、
     画 像、 
     (0026) http://0bbs.jp/pinponpan/img45_1
     (00:29) http://0bbs.jp/pinponpan/img43_1
     (00:32) http://0bbs.jp/pinponpan/img42_1


212 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 23:31:13 ID:???
  日本の夢、ベルサイユに散る   フルカバーバージョン ー(2)−
本編英字幕版 八分四十九秒
★↓karaさんの英文字版
>>847
(00:01) およそ3000万人の死傷者を出した第一次世界大戦。
(00:10) 人類未曾有の大惨事となった第一次世界大戦。
(00:15) 足掛け4年にわたる戦いがようやく終わったのは1918年のことでした。
(00:22) あくる1919年1月、大戦後の世界の枠組みを決める講和会議がフランスで開かれることとなり日本も出席を求められます。
(00:34) ウィルソンは講和会議の場に、それまでの歴史になかった全く新しい提案を持ち込んでいました。
世界の平和を維持する機関として国際連盟を設立しようというのです。
(00:50) 日本の全権・牧野は世界で初めて人種の平等を提議・全世界に向け提案
(00:57) 「世界の人々はすべて平等であるべきだ」と主張
(01:04) これは日本政府の訓令の中にあった次の一言がヒントになったのでした。
(01:13) 国際連盟においては黄色人種に対する人種的偏見のために日本が不利に陥ることのないようにせよ。
(01:24) 日本が人種差別廃止を提案すると必ずやアメリカは反対すると予想されたのです。
(01:33) 牧野は当って砕けろとばかりにアメリカ大統領ウィルソンの宿舎を訪ねます。
(01:41) ウィルソンの反応は意外なものでした。
213 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 23:32:14 ID:???
  日本の夢、ベルサイユに散る   フルカバーバージョン ー(3)−
>>848
(01:45) 人種差別を廃止するという日本の提案を歓迎し国際連盟の規約に盛り込むことに賛成してくれたのです。
(01:56) 牧野は直ちに本国に打電。 日本政府の許可も取り付けます。
(02:03) 牧野は人種差別廃止という画期的な提案を胸に秘め会議の場に臨みます。
(02:11) ところがこの日、肝心のアメリカ大統領ウィルソンは欠席でした。
(02:17) 代わりに議長を務めることになったのはイギリスの全権の一人、ロバート・セシル。
(02:26) 牧野が人種差別廃止を提案するやいなやセシルは猛反対を始めました。
(02:34) 人種差別をしないという項目を国際連盟の規約に入れることなど、とんでもないと言うのです。
(02:41) イギリスの反対には理由がありました。
(02:45) この頃イギリスは世界中に植民地を有する大帝国。
(02:50) アジア、アフリカの有色人種を支配下においていました。
(02:57) イギリスと同じく植民地を持つフランス、ベルギーも人種差別廃止を盛り込むことに反対。
以下、意見を保留する国が相次ぎます。
(03:11) 一方、賛成はブラジル、ルーマニア、チェコスロバキアの三カ国のみ。
(30:19) 議長を務めるイギリスのセシルは、賛成少数で裁決の必要なしと断定し日本案を却下してしまいました。
(03:30) 日本が提出した人種差別廃止案は、図らずも大変な反響を呼び起こしたのです。
(03:39) 大国に虐げられている国の人々の期待が日本に寄せられている。
そう知った牧野は決意しました。
(03:46) ここで諦めてはいけない。 もう一度、人種差別廃止の為にがんばってみよう。
(03:56) 牧野の提言を受けて日本代表団は奮い立ちました。
214 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 23:33:38 ID:???
  日本の夢、ベルサイユに散る   フルカバーバージョン ー(4)−
>>849
(04:02) 1919年4月11日午後8時30分。
(04:09) 国際連盟の規約を決する最終会議の時はついに訪れました。 参加者は17人。
(04:17) 議長の座に着いたのはアメリカから戻ってきたウィルソンです。
(04:24) 会議が始まると牧野はすかさず立ち上がり、人種差別廃止の修正案を提出。
(04:31) 「各国は全て平等という主義にのっとり」という一文を国際連盟の規約ではなく連盟設立の趣旨を謳う前文の中に入れたいと主張します。
(04:44) 案の定、イギリス代表セシルが反対します。
(04:48) 「この修正案を受け入れれば、大英帝国の様々な法律に反することになる」と言うのです。
(04:54) このイギリスの反対を予想していた珍田捨巳(駐英大使)がすかさず反論
(04:58) 「修正案は、あくまで理念を謳うものであって、その国の内政における法律的規制を求めるものではない。
(05:04) にも関わらず拒否しようというのはイギリスが他の国を平等と見ていない証拠になる」
(05:15) 会議の流れは決まりました。
(05:18) まず、イタリア首相オルランドが日本案に賛成を表明。
(05:24) オルランド(イタリア)「この修正案が提起された以上、採択する以外に解決策はない」
(05:32) 続いてフランス代表ブルジョアも賛意を表します。
(05:39) ブルジョア(フランス)「日本案が示しているのは正義という大原則である。拒否するのは不可能だ」
(05:49) 裁決のときが来ました。
(05:51) 満座の注目は議長であるアメリカ大統領ウィルソンに集まります。
(05:58) しかし、
(06:01) ウィルソン(アメリカ大統領)「民族平等の原則はすでに連盟の基本的性格となっている。今更規約の前文に記入するまでもないのではないか」
(06:17) 言葉を濁して裁決を渋るウィルソン。
(06:21) アメリカでは日本の人種差別廃止提案に対する反対が強まっており、国内輿論を気にしたウィルソンは、ここで日本案に賛成するわけにはいかなかったのです。
215 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 23:36:31 ID:???
  日本の夢、ベルサイユに散る   フルカバーバージョン ー(5)−
>>850
(06:35) ごまかされてはならない。
(0639:) 牧野は言い放ちます。
(06:42) 「この案は日本国民の揺ぎ無い意思である。裁決を!」
(06:53) テーブルを叩くなどし激しく採決を迫る牧野にウィルソンはしぶしぶ裁決を取り始めました。
(06:57) 賛成、日本、フランス、イタリア、中国など11票。
(07:07) それに対し反対または保留は、イギリス、ポーランドなど、議長ウィルソンを除いて5票。
(07:16) 「勝った!」牧野は思いました。
(07:20) 11対5で日本案の圧勝です。
(07:25) しかし、そのとき、議長ウィルソンの口から思いもよらぬ言葉が飛び出しました。
(07:33) 「日本の提案は成立しなかった。全会一致の賛成が得られなかったので採択されない」
(07:47) 会議は騒然としました。
(07:49) 「!なぜだ?」とフランスの代表団は抗議を行った。 「これまでの会議は全て多数決で決めてきたではないか。なのになぜ今回に限って全会一致を必要とするのか」
(08:02) 牧野もテーブルを叩き激しく抗議、「大いに遺憾である!」 牧野の抗議に対しウィルソンは平然と答えました。
(08:07) 「このような重大な問題は、全会一致でなくてはならない」
(08:14) 間髪入れずウィルソンは否決を宣言。
(08:18) 有無を言わせぬアメリカの勢いに各国は沈黙するのみです。
(08:24) そそくさと次の議題に移ろうとするウィルソンを遮り牧野は最後の力を振り絞って述べました。
(08:33) 「日本案に対し過半数の賛成票があったことを議事録に(明確に)記述するよう希望(要求)する」
(08:42) これがウィルソンに対する牧野の精一杯の抗議でした。
216 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 23:39:24 ID:???
  日本の夢、ベルサイユに散る   フルカバーバージョン ー(6)−ファイナル(締めくくり) 36秒
@(9秒) (00:00)  ベルサイユ条約が調印されたとき フランス首相クレマンソウは、述べました 
     (00:04) 「此処に平和は、達せられた」
     英字幕、
     (00:00) http://0bbs.jp/pinponpan/img41_1
     (00:03) http://0bbs.jp/pinponpan/img40_1
A(8秒) (00:09) しかし ベルサイユで実現が約束されたはずの平和は、二十年を経ずして世界中を戦
          渦に巻き込み未曾有の大戦争に突入 ・・・  
     英字幕、 
     (00:09) http://0bbs.jp/pinponpan/img39_1
     (00:13) http://0bbs.jp/pinponpan/img34_1
B(0秒) (00:17) 先の大戦の原因は、植民地ブロック経済の収奪と矛盾、ドイツ及びヨーロッパ白人によ
          るユダヤ人、人種差別という根強い問題があり
     (00:17) アジアにおいても欧米による植民地支配、有色人種に対する人種差別が紛争・大戦の 
          原因の根底にあった。
     英字幕、
     (00:00) http://0bbs.jp/pinponpan/img37_1
     (00:00) http://0bbs.jp/pinponpan/img36_1
     (00:00) http://0bbs.jp/pinponpan/img35_1
          http://0bbs.jp/pinponpan/img33_1
C(9秒) (00:17) 1945年10月 連盟に替わり新たに国際連合が誕生 その憲章には、あらゆる人種の
          平等をうたう一文が盛り込まれていました。 
     英字幕、
     (00:17) http://0bbs.jp/pinponpan/img31_1
     (00:21) http://0bbs.jp/pinponpan/img30_1
217 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 23:40:17 ID:???
D(10秒)(00:26)  国際連合憲章  第一条  第三項
       人種 性 言語または、宗教による 差別無くすべての者の為に 人権および基本的自由を尊重する。
       (00:31)それは、パリ講和会議で牧野の人種平等案が否決されてから二十六年後の事でした。
     英字幕、
     (00:26) http://0bbs.jp/pinponpan/img29_1
     (00:31) http://0bbs.jp/pinponpan/img28_1
     (00:33) http://0bbs.jp/pinponpan/img51_1
(以上2chより)
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0


礼節不足

2007/09/04 14:38
なぜ大臣やら議員やらが“ああ”なのかわかった。
「礼節」を“知らない”のだ。欠いている、レベルではない。“知らない”レベルである。

(以下2chから)
1 :諸君、帰ってきたで?φ ★:2007/09/03(月) 21:35:34 ID:???0
 内閣改造については、すでに多くが語られている。改造の中身は論評
しないが、小欄なりの小言を申し上げたい。
 国旗が掲揚された官邸内の会見場では、新閣僚が入れ替わり抱負を
語った。もし自衛官なら、入場の際、必ず国旗に正対し、頭を下げる
「10度の敬礼」をしたであろう(着帽時は挙手の敬礼)。
 もちろん文民たる大臣は自衛官とは違う。小欄も角度を問題にしている
わけではない。ただ中継映像を見た限り、国旗に然るべき礼節を示した
新閣僚は少なかった。国旗の前を素通りした(としか見えない)新閣僚も
相当数いた。
 多くが、国旗国歌法を制定し、教育現場での国旗掲揚を求めた国会
議員である。
 「隗より始めよ」ではないだろうか。これでは、新閣僚が会見で語った
「国のため」云々(うんぬん)の抱負も空疎に響く。

 さらに違和感を覚えたのが、皇居内での認証式の光景だ。さすがに
全閣僚が天皇陛下に正対し深々と首(こうべ)を垂れていた(自衛官なら
「45度の敬礼」)が、問題は頭を上げたタイミングである。
 もし自衛官であれば必ず、答礼された陛下が頭を上げられた後に、
自身の頭を上げたであろう。平素からそう教育されている。順番を
違えれば重大な欠礼となる。
 その点では、ほぼ全閣僚が陛下に対する礼を欠いていた。「天皇は、
日本国の象徴」(憲法一条)である。大臣の「臣」は臣下の「臣」。
これでは君臣の上下が逆転している。文字通り、失礼な態度であろう。

 晴れの場だからこそ、普段の姿勢が現れる。以上、元自衛官として
感じた疑問である。

ソース(イザ!・産経新聞、評論家・潮匡人氏)http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/dan/81416
前スレッド http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1188770580/
(以上2chより)

これは一例。
一事が万事というであろう。
しかもこれ以上大事な時はない。そんなときに“こう”なのだ。

親 の 顔 が 見 て み た い 

こういうときに使うのがぴったりの言葉だな。さすがは昔の人はいい事を言った。
「目上の人」なんて考えもしないのだろう。年上、先輩、他、何か理由を付けて相手を上げておく。謙虚さも無いだろう。

だから「あんな議員」や「こんな大臣」ばかりなのだ。

一般社会でも同じ。
「自分は大丈夫」、と思ったらもう駄目。お終い。救いようが無い。さようなら。バイバイ!。

自分は大丈夫かな?と少しでも思ったら、謙虚さを知っている。だからよくなる可能性はあるから安心してよい。

でも、「大丈夫」が大半なのだろうな、今の時代は。

そんな中でも唯一の希望は
今の若い子たち。
若い子は2極化しはじめている。でも悪いほうにいても、改善の可能性を持っている子も多い。そこがいまの大人連中が死んでも越せない大きな壁だ。

日本の多くの若い子達と、他先進国の一部の若者たち。
これが人類の唯一の希望の種だろう。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


トップへ | みんなの「希望」ブログ

うにまろの日記 希望のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる